遅れてきた『この世界の片隅に』ファンがいまから出来ること

劇場アニメ『この世界の片隅に』は、私の映画オールタイムベストテンを書き換える素晴らしい作品だった。片渕須直監督のトークショー付き上映を含め、これまで7回観た。同じ作品をこれだけ映画館で観たのは初めてだ。映画史に残る名作だと思う。

Continue reading

『シン・ゴジラ』大ヒットでパンフレット売り切れ、「TOHOシネマズ新宿」でやっと購入

『シン・ゴジラ』

7月29日に公開された庵野秀明総監督作品『シン・ゴジラ』を2回観た。映画館で同じ作品を2回観るのは久しぶりだ。

大ヒットを予想していなかったのか、8月6日に家人とIMAX 2Dで観た「109シネマズ二子玉川」はパンフレットが売り切れていた。次回入荷未定だという。公開1週間でパンフレットが品切れというのは、映画館ではめずらしい。

Continue reading

「109シネマズ二子玉川」の名称決定、IMAXを含む10スクリーンで2015年春開業

東急レクリエーションによる二子玉川ライズ第2期事業(二子玉川東第二地区第一種市街地再開発事業)のシネマコンプレックス名称が、5月8日正式発表された。予想どおり「109シネマズ二子玉川」で、10スクリーンには「IMAXデジタルシアター」も含まれる。

Continue reading

「109シネマズ二子玉川」が正式出店発表、10スクリーンで2015年6月以降開業

東急レクリエーションが、二子玉川ライズ第2期事業(二子玉川東第二地区第一種市街地再開発事業)へのシネマコンプレックス出店を3月21日正式発表した。場所は低層棟3~4階で、建設工事期間から見て2015年6月以降の開業になる。第2期の着工が予定より1年遅れたため、14年春からさらに1年以上延びてしまった。

Continue reading

「109シネマズ二子玉川」は2014年春まで待て

東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」東側で、東急電鉄と東急不動産が中心となった市街地再開発「二子玉川ライズ」が進んでいる。

第1期・第2期合わせた施工地区面積は約11.2ヘクタールで、民間施行の再開発事業としては都内最大。第1期となる二子玉川東地区第一種市街地再開発事業は2007年4月に着工、マンション(タワー&レジデンス)と従前権利者店舗・駐車場(オークモール、バーズモール)は完成し、11年3月に残りの商業施設(東急百貨店、東急ストア等)、オフィスも完成予定。隣接して約6.3ヘクタールの世田谷区立二子玉川公園(仮称)も整備され、12年度末一部完成、14年度末全体完成の予定。

Continue reading