5年に一度しか開催されない「Cannon EXPO」はプライベートショーの枠を超えた万博並みの展示内容

キヤノンとその販社であるキヤノンマーケティングジャパンが、グループの総力を挙げて開催する「Cannon EXPO」という展示会がある。大手ITメーカーの場合、プライベートショーは毎年開催するものだが、キヤノンは5年に一度しか開催しない。オリンピック・パラリンピック以上のスパンである。

Continue reading

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は弟子の成長ぶりなど描かず、本人の仕事ぶりだけで番組を構成すべき

NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」はよく見る番組だが、前半は本人の仕事ぶりを描いているのに、後半になると弟子の成長ぶりに焦点が移ってしまう回がときどきある。その分野でプロフェッショナルを極めた本人の達人ぶりを見たいのに、肩透かしを食った気分になってしまう。

Continue reading

報道番組やドキュメンタリーで「~といいます」とナレーションするのは、「私たちは裏付け取材をしていません」と言っているようなもの

ここ数年、テレビで「~といいます」というナレーションが増えているのに違和感を覚えている。

Continue reading

日本人最高位でNHKが第42回ローザンヌ国際バレエコンクール特別番組を2月16日放送

ローザンヌ国際バレエコンクールは、毎年NHKがEテレで5月ごろ2時間枠で放送しており、家人に依頼されて録画している。

2014年の第42回は、1989年の熊川哲也氏以来25年ぶりに日本人男性ダンサー(二山治雄氏)が最高位を受賞。2位(前田紗江氏)と6位(加藤三希央氏)も日本人になる快挙だった。これは5月を待たずに特別番組があるのではないかと思っていたら、この3名の決勝演技のノーカット映像とインタビュー、選考の模様を30分枠で放送することが2月7日発表された。加藤氏が兄弟デュオ「狩人」兄の子息というのも、私の世代には懐かしい。

Continue reading

NHK「技研公開」は家族連れやカップルで楽しめる内容になっているか

砧にあるNHK放送技術研究所の研究成果を年に一度公開する「技研公開」が、以前から気になっていた。広報物のビジュアルがかなり柔らかめだし、専門家だけでなく幅広い世代が訪れているようだ。確かに、実際の番組と結び付けて紹介すれば、難しい放送技術もわかりやすく伝えられるかも知れない。だが、本当に貴重な週末を過ごすのにふさわしいイベントなのか、家族サービスやデートのつもりで足を運んで後悔しないのか。「技研公開2013」で実際に確かめることにした。

NHK「技研公開2013」「技研公開2013」
(2013年5月30日~6月2日、NHK放送技術研究所)

Continue reading