「らくちんCDダイレクトプリント for Canon」の無償ダウンロードが2014年末で終了、PIXUSユーザは見逃すな


キヤノンのインクジェットプリンタ「PIXUS」に2011年春モデルまでバンドルされていたディスクレーベル印刷用ソフト「らくちんCDダイレクトプリント for Canon」は、とても使いやすく定評があった。その後、製品付属のソフトは「My Image Garden」というレイアウトが自由に変更出来ないものになってしまった。

らくちんCDダイレクトプリント for Canon開発元の株式会社メディアナビ(旧・株式会社メディア・ナビゲーション)は、バンドル終了後も自社サイトで最新版の無償ダウンロードを続け、Windows版はWindows 8.1にも対応し、Macintosh版はMac OS X版とMac OS Classic版(Mac OS 8/9版)の両方を用意している。

無償ダウンロードはユーザ登録が必要だが、最低限の個人情報だけでよい。らくちんCDダイレクトプリント for Canonを初めて使う場合でも、ユーザ登録すれば最新版の無償ダウンロードが出来るのだ。旧製品の所有を確認するすべがないのでやむを得ないのだと思うが、太っ腹な対応と言えるだろう。

私も昨年PIXUS MP770をMG6530にリプレースし、My Image Gardenが使えないソフトであることに愕然としたが、らくちんCDダイレクトプリント for Canonをダウンロードし、過去データを引き継いで問題なく使用している。

「らくちんCDダイレクトプリント for Canon」は最新のPIXUSで問題なく使える

この無償ダウンロードが14年12月29日で終了することが発表された。バンドルが11年春モデルまでだったので、販売終了後3年間サポートしたということだろうか。

Canon製プリンターに付属のCD/DVD/BDレーベル印刷ソフト「らくちんCDダイレクトプリント for Canon」に関しまして、頒布に関するライセンス契約終了に伴い、2014年12月末をもちまして、ユーザーサポートを終了する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

そこで、本製品に関する今後の対応および、製品の移行方法についてご案内させて頂きます。

製品サポートについて

サポート終了日:2014年12月29日(月)

また、サポート終了に伴い、公開中のプログラムの配布も終了を予定しております。

来年からは製品版の「らくちんCDラベルメーカー」を購入するか、キヤノンサイトから写真印刷ソフト「Easy-PhotoPrint EX」をダウンロードして、既存データを専用コンバータで変換することになる。PIXUSユーザは、それまでに必ずダウンロードしておきたい。ユーザ登録はこちら、無償ダウンロードはこちらから。

なお、メディアナビは11年秋モデルからは動作保証していないので、それ以降の機種で使う場合は自己責任で。サポート終了後は新しいOSやドライバには対応しないので、それも承知の上でダウンロードのこと。

らくちんCDラベルメーカー16 [ダウンロード]
メディアナビ (2013-12-20)
売り上げランキング: 430