マンション設置のインターネット機器で障害発生、能動監視の「e-mansion」の優位さを実感、安易にフレッツにするべからず


この記事は2012年7月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。

マンション全体で導入しているインターネット機器で障害が発生した。ルータもしくはコアスイッチと思われる。私が気づいてプロバイダに連絡したのは築8年目でこれが2回目。私が気づかなかったときもあるかも知れないが、頻度としてはこんなものだろう。

ネットワーク機器も年1回くらいはリブートしたほうがいいと思うのだが、マンションは法定設備点検による全館停電がない。このため、長期間使い続けると、調子が悪くなることもあるだろう。こういう障害はときどき起きると考えたほうがいい。重要なのは、そのときどんな対応が出来るかだ。常時接続が当たり前の生活になっていると、なおさらそのスピード感が大切になってくるだろう。

今回は、障害が発生した瞬間にネット閲覧中だった。ストリーミング再生が急にブツブツ切れるようになり、YouTubeを開くと「動画の再生には、Adobe Flash Player または HTML5 対応のブラウザが必要です」のメッセージ。このため、最初は回線障害と気づかず、PCのアプリ側で問題が発生しているのかと勘違いしてしまった。Adobe Flash Playerは頻繁にアップデートされるため、直近のアップデートがなにかとバッティングしたのかと思った。

このため、Adobe Flash Playerの再インストールを試みたが、ダウンロードが異様に遅い。この時点で回線障害を疑い、「BNRスピードテスト」で回線速度を測定したところ、数百Kbpsというという信じられない数値。本来100Mbpsのベストエフォートで、通常50Mbps程度は出ている。Adobe Flash Playerの再インストールはなんとか終了したが、やはり状況は改善せず、YouTubeやYahoo!トップページのFlash部分がクエンスチョンマークになってしまった。

障害切り分けのため、別のPCで別室のLANポートに接続し、PCや宅内配線によるものではないことを確認。宅内のスイッチングHUBもリブートしてみたが改善せず。そのうち回線速度は数十Kbpsまで低下し、これは上流のネットワーク機器の障害と判断した。

契約しているのは、マンションの専門のつなぐネットコミュニケーションズ「e-mansion」で、ここはキャリアとプロバイダを兼ねているため、障害時はワンストップ対応が強みだが、日曜夜でテクニカルサポートは18時で終了しており、連絡は翌朝にすることにした。*1

翌朝起きてみると、回線は完全に落ちていた。10時のテクニカルサポート営業開始を待って電話すると、マンション名を言っただけで対応中との返事。e-manshionは能動監視を行なっており、障害の場合はアラートが上がるはずである。復旧後に会員サポートの障害報告ページを見ると、「マンション設置の通信機器障害」として前日の発生時刻が正しく記載されていた。

個別に進捗を電話で教えてくれるわけではないので、定期的にYahoo!にpingを打って様子を見る。待つこと2時間、正午ごろ復旧。オンサイト対応したのかは不明だが、いずれにせよ翌日正午までの復旧は素早い。

NTT東日本・西日本のBフレッツやフレッツ光は、マンション側の共用ネットワーク機器を能動監視するサービスは標準ではない。法人向けオプションか、他のプロバイダが提供するサービスを組み合わせる必要があり、そこをカバーしたe-mansionは優れていると思う。NTT東日本・西日本は固定電話、ケーブルテレビのフレッツ利用も勧めているが、それでは回線断の際に通信インフラが全滅してしまう。落雷でひかり電話が40時間不通になったマンションもあるそうで、フレッツのリスクをよく考えるべきだと思う。

つなぐネットコミュニケーションズは、丸紅、三菱地所、東京建物が共同出資して2001年に設立したマンション専門インターネットサービスプロバイダで、全戸一括加入方式のため使用料は管理費に含まれている。私の場合は月額1,785円(税込)で、キャリアとプロバイダを兼ねているので、これがすべてである。フレッツ光+プロバイダの半額以下だ。

昨春からは、e-mansionがフレッツ光対応プロバイダになり、e-mansion回線とは別にフレッツ光を引き込んだ場合でも、プロバイダ料金が二重でかからないとして、e-mansion自体もこれを宣伝するチラシを配っているが、そうまでしてフレッツ光が必要なのだろうか。

IP電話に固定電話の番号を付与したい場合や(e-mansionのIP電話は050になる)、大規模マンションで回線速度に問題がある場合はやむを得ないと思うが、それ以外はメリットはないと思う。せっかくe-mansionを採用したマンションに住んでいるのなら、キャリアとプロバイダを兼ねているe-mansionのメリットを最大限に享受すべだろう。

  1. 後日気づいたが、サイトを見ると会員サポートのページに24時間自動応答の別番号があった。 []