TSUTAYAでレンタルしないなら、更新手続きせずにTカードを単なるポイントカードにすればいい


私がTSUTAYAの会員になって久しいが、ここ数年はTSUTAYAでのレンタルは全く利用せず、Tカードはもっぱら他の店でのポイントカードとして使ってきた。TSUTAYAからは年1回更新ハガキが来るので、更新しないとTカードが使えなくなると思い、更新のためだけにTSUTAYAへ足を運んでいた。

Tカード

Tカード
on Wikimedia Commons

TSUTAYA店頭で更新手続きするのは、レンタル時の本人確認が必要だからであって、ポイントカードだけなら、そんな手続きは本来不要のはずだ(レンタル機能が付いていると、他人への貸与を抑止することが出来るので、利用データの精度を高めるメリットはあるだろうが)。

TカードはいまやTSUTAYAのレンタル会員カードの枠を超え、日本最大級の共通ポイントカードとなっている。更新手続きをしない場合、TSUTAYAのレンタル会員資格だけを停止して、ポイントカード機能は続くようにしたらいい。そう思って確認したら、すでにそうなっていた。

【Tカード、Tポイント、レンタルの有効期限について】

Tカード、Tポイント、レンタルの有効期限は、それぞれ異なります。

◆Tカード有効期限
Tカードの有効期限は、登録日より1年間です。
ただし、入会日の翌々日から有効期間満了日までの間にポイントの変動(貯める・使う・交換する)があった場合、Tカードの有効期間は有効期限が到来する前に、1年間自動的に延長されます。翌年以降も同様です。

(中略)

◆Tポイント有効期限
Tポイントの有効期限は、ポイント数の変動があった日から1年間です。有効期限内にポイント数の変動がなかった場合、それまでに貯めた全ポイントが失効しますので、ご注意下さい。

◆レンタルの有効期限
利用登録日より1年間です。レンタル有効期限日の前月1日~翌月末までの期間、更新が可能です。
なお、レンタルの有効期限がきれても、有効なTカードであれば、そのままご利用いただけます(ポイントを貯めたり、使ったりいただけます)。
また、後日、TSUTAYA店舗にて再度レンタル利用登録することも可能です。

つまり、Tカード自体はTポイントが1年間全く変動しない限り自動延長される。年1回更新しないと有効期限が切れるのはレンタル機能だけで、その場合も後日レンタル利用登録すれば復活出来る。*1

Wikipediaによると、「レンタル機能なし会員証(物販ポイントカード)」が2005年までに追加されたとあるので、このときからTカードとTポイントの機能分割が可能になったのだろう。以前から会員だった人にはこの概念がなく、Tカード=TSUTAYAのレンタル会員カードだったので、年1回の更新が必須だと思い込んでいた。

TSUTAYAの更新手続きは無料ではなく、更新料がかかる。店舗によって異なるが、私の利用店舗では300円(税別)だった。レンタルしないなら、これも節約出来たわけだ。

  1. クレジット機能付きTカードの場合は、カード会社の判断によって更新されないことがある。(T-SITE/TサイトFAQ「Tカード、Tポイント、レンタルの有効期限が知りたい。」)
    []