TwitterにIE11でプロフィール画像をアップすると真っ白になる、Google Chromeでやること


Twitterの通知画面をInternet Explorer 11(IE11)で開くと改行されない現象が続いているが、全く修正されないので、ツイッター社はもうIE11はサポートしないのだと思う。

本日、このウェブサイト「ネットに書かれていないことを綴る」用のTwitterアカウント(@SHADO_CONTROL)を新設したが、IE11からプロフィール画像をアップしても全く反映されない。6月16日から丸くなったアイコンのトリミング画面までは正常に表示されるのに、何度やっても真っ白に登録されるのだ。デフォルトの人型には戻らないので、異常な形で登録されているのだろう。

プロフィール画像が真っ白なTwitter

Google Chrome 59(最新版)でアップすると一発でうまく行った。

プロフィール画像が反映したTwitter

Twitterヘルプセンターには下記のとおり書かれているが、Windows 7にとってIE11は最新バージョンのブラウザだ。これ以上バージョンアップ出来ないのだ。IE11をサポートしていないのなら、していないと書くべきだろう。

  1. ブラウザーを確認する。ブラウザーを最新バージョンにアップグレードするか、別のブラウザーを試してみてください。画像のアップロードの問題は、ご利用のブラウザーまたはパソコンが原因となっている場合があります。

プロフィール画像が真っ白のユーザを見かけて、どうしたのかと思っていたが、こういう理由だったのか(意図的に真っ白にしている場合もあるようだが)。


Leave a Comment.